バーモントソープ社とは Soap Story

‘石けん’ってなーに?

石けんはアルカリ溶液とオイルの混合によって作られます。 この混合時に けん化という化学反応が起こります。そしてその結果もう一度すべすべしたオイルになり、貴方の肌を洗浄する石けんとなります。

一体どんな風に?

アルカリ溶液は油の分子を分解し、脂肪酸を吸着し、石けんとグリセリンに変えていきます。 実は、石けんは頭が両方についているヘビのような不思議な動きをします。 脂分の多い頭の方は水を嫌い、逆にアルカリの頭の方は水を好む性質が石けんを泡立てるのです。この脂分と水との愛憎の関係が石けんを泡立てるのです。

グリセリンは肌に良いの? ――もちろん!

グリセリンは石けんよりはるかに高価なものなのです。ミル引きされた石けんは 釜に塩を加える事でグリセリンを取り出します。 グリセリンは食料品や化粧品の安定剤として幅広く使用されています。 タバコが均等に燃えていく様にタバコの巻き紙にも使われています。しかしグリセリンが取り除かれた結果、貴方の肌を乾燥させてしまう石けんが出来てしまう のです。

グリセリンの透明バーソープは?

ソープベースはアルコール、糖を加え加熱、加圧する事によって、半透明になります。長所として グリセリンを多く含み、pHがとてもマイルドです。ところがマイナス点として 早く溶け、多分に人工着色料、人工香料、アルコールを含み、貴方の肌を乾燥させてしまうのです。いわゆるグリセリンバーには不凍剤のプロピレングリコー ル、ダイアサノラミンなども使われ、私達がめざす天然のものではありません。

では何を選べば? ―― もちろんバーモントソープ!!

私達は手作りの注入製法の手作り石けんを皆様におすすめします。この伝統的な製法で ひと釜ひと釜注ぎ込まれ、熟成された石けんは市場に大量にでている石けんの2倍ほども長持ちします。 小さな釜で混合され、木型に寝かされて出来上がった不透明なこの石けんは最も敏感な肌の方のための洗顔、入浴用の最高級バーソープです。皮膚炎、湿疹、乾 癬、かぶれ、化学療法で悩んでいる方にはこのタイプの石けん以外は安心してお使い頂けるものはありません。

バーモントソープ号の船出

バーモントソープ号の乗組員が最も敏感な方の肌を決して乾燥させない石けん作りを始めた時、このこだわり追求の旅が化粧品の化学成分を排除する旅、そして何百年もの歴史をさかのぼる旅になるとは思ってもいない事でした。

アルカリ塩は石けん製造過程における副産物です。pH度が高く、肌を乾燥させてしまいます。商業ベースで販売されている多くの石けんはこのアルカリ塩でいっぱいです。

石けん職人達は アルカリ塩抜きの石けんを作らないといけない事を知っていました。でも一体どうやって?

半透明のグリセリン石けんはアルカリ塩が低いのです。でも非常に不安定なもので のみならず製造工程中でアルコールと上手く反応出来ません。 何ヶ月もの研究の結果、肌を乾燥させる石けんの中に八つの要因がある事が判明しました。 フリーアルカリ、アルコール、人工香料、人工着色料、石けん中のココナツオイルの含有量、低品質ベース成分、防腐剤、それといくつかの種類のエッセンシャ ルオイルです。

そこで、品質をカバーするために使われていた人工香料、人工着色料を一切使わずに グリセリン濃度の高いアルコールを含まない石けんを作る挑戦が始まりました。そしてその答えは時代を大きくさかのぼることに有りました。

石けんの起源は古代ギリシャのレスボス島にあります。そこではいけにえ動物が女神に捧げられていました。動物は火葬され、ならやマホガニーなどの硬 質材の灰が蓄積されました。(これがアルカリの初期段階です)この灰がいけにえ動物の残骸と混ざったのです。大雨の後に黄色い雨水がこの廃物の山から流れ 出、神殿から下って行ったそうです。土地の住民の女性達が川で洗濯をしている時に 自分達の衣類が川の水が黄色い時によりきれいに洗える事に気づいたのです。歴史は時の詩人サポーをたたえて サポニフィケーション という石けん作りの化学用語の定義を後世に伝えたのです。

時代を超えて受け継がれる間に 動物の残骸と灰の混合物に塩水を加えるとグリセリンと余分な水の除去を早め石けんをより硬いものにするという事が分かってきました。この古風な黄色い石けんは洗濯に、皿洗いにそして入浴用にも使われました。

フランスのルイ14世の統治下では入浴は日常の事ではなく、特別な事でした。非常に敏感な王家継承の肌を荒らす様な石けんを作ったという事で ルイ14世は3人の石けん職人をギロチンにかけたそうです。絶望の中で4人の残った石けん職人が集まり釜に注ぎ込み寝かせるという、一つの石けんにひと月 かける方法を発明したのです。

バーモント・カントリーソープ

バーモント・カントリーソープは この200年前の製法の現代版で作られています。パームオイル、ココナツオイル、オリーブオイルを混ぜ厳密な温度管理のもとにアルカリ溶液を混合させま す。(現代のアルカリは塩水を電気分解して作ります)釜の中の原料は何時間もかかってゆっくりとどろどろになるまでかき混ぜます。それが練りあがった時に 植物のエキスやオーガニックのハーブを加えます。その釜の中味をオイルで湿らせた木型に注ぎ込み、3日間保温します。石けんが凝固するとアルカリ塩がク リーム状になって表面に浮き上がってきます。4日目になるともうすっかりブロック状に固まっています。石けんを木型から取り出し、すべてのアルカリ塩(こ れが敏感肌への刺激の一番の原因なのですが)をすくい除きそして一つ一つの石けんバーにカットします。このようにして出来た石けんは樫の木とステンレスの スクリーンで出来た特製のトレイに並べられ、さらに21日間寝かされます。この工程が最高級の石けんを作ります。従来の石けんの2倍程も長持ちし、肌にう るおいを与え、肌のトラブルをおさえ貴方の肌をすべすべにします。

エッセンシャルオイルという数々の種類のハーブのエキスを使って、様々な肌のタイプに合うようにそれぞれの種類の石けんを特徴づけています。

モーニングミントは乾燥肌以外の方に良いように天然のアストリンゼントを含んでいます。ラ ベンダーは皮膚の毛穴を広げ、普通肌から乾燥肌まですべての方にパーフェクトですが、それにオートミールを加えたオートミールラベンダーは清浄効果面です べての敏感ドライ肌に向きます。さらにマイルドなコーンミールハニーははちみつとクローブオイルの天然アストリンゼントの持つうるおい保湿効果に ゆっくりと古い角質を取り除くコーンミールの働きでコンビネーション肌の方におすすめです。アロエベビーや無香料というpHのマイルドなアレルギー反応を 引き起こさない石けんバーは最も敏感な肌にパーフェクトです。このバーは湿疹、乾癬、かぶれ、皮膚炎に悩む方におすすめの石けんです。

バーモント・カントリーソープは 王様のための石けんを200年が経った今にして始めて再現した石けんなのです。


Soap Story

Vermont Soap Organics was created to produce healthy, nontoxic alternatives to the often irritating chemical and detergent bases used today. We make very special bar soaps, liquid soaps, bath and shower gels, nontoxic cleaners and more.

Our master soapmakers make bar soap the old fashioned way. Fine ingredients are blended in small batches and poured into wooden block molds. When ready, the soap is wire cut into bars, put on oak drying frames and aged in our special curing room for nearly a month. Our special soapmaking process removes excess alkali from the soap, a major irritant to sensitive skin.

Always gentle, hypoallergenic and completely natural.

No wonder they call it the mildest soap on Earth! 

A Brief History of Soap

Western Soap had its origins in ancient Greece on the Island of Lesbos. There, animal sacrifices were made to the Goddesses. Because the sacrifices were often cremated, hardwood ashes would accumulate (an early source of alkali). These ashes mixed with the tallow of the sacrificed animals. It is said that after a heavy rain a yellow runoff from the fire pit made its way downhill from the temple. The local women washing their clothes in the river noticed that their clothes were cleaner when the river ran yellow. History remembered their poet, Sappho, who wrote of these times and honored her with the definition Saponification – the chemical name for soap making. These are the same women who invented banks.

Over time it was learned that adding salt water to the mixture would precipitate the removal of glycerin and excess water, thus making the soap harder, and not subject to the month long curing process required of true handmade soap. This old-fashioned “yellow soap” was used for laundry, dishes, and the occasional bath.

In France during the reign of Louis the 14th, bathing was considered an oddity not the norm. It is said that King Louis guillotined 3 soap makers for making soap that irritated his very sensitive royal skin. In desperation the 4 remaining soap makers in Paris got together and invented a method of pouring and curing the soap – taking a month to make a single bar. They saved their own necks, and the world got handmade soap (a.k.a. poured soap, cold process soap, farm soap, cured soap).

Vermont Soap Organics is made using a modern version of this three hundred year-old method. Certified organic oils of Palm, Coconut, Olive and Palm Kernel are blended and mixed at precise temperatures with an alkali solution. (Modern Alkali is made by running electricity through salt water.) The batch is mixed for hours, allowing it to thicken slowly. When it is ready, botanical concentrates and organic herbs, spices and grains are added. The batch is then poured into wooden molds and kept warm for about three days. As the soap solidifies, alkali salts begin to rise to the top like cream. Around the fourth day the soap, now solid in block form, is removed from the molds, skimmed of all alkali salts, and cut into individual bars. The bars are then placed on custom made oak and stainless steel screened drying racks and cured for about three more weeks. This process produces the mildest soap that can be made. Often lasting about twice as long as conventional bars, this soap is extremely moisturizing and soothing to your skin.

Various herbal extracts called essential oils are used to enhance and individualize the soaps, as well as to accommodate various skin types. Peppermint Magic and Citrus Sunrise contain natural astringents making them suitable for skin that is not dry. Lavender relaxes pores making it the perfect soap for normal to dry skin. Add organic oatmeal and you have Oatmeal Lavender, excellent for dry sensitive skin. Our Honey soap is great for combination skin combining the exfoliating benefits of cornmeal with the moisturizing properties of honey and the natural astringent properties found in clove oil. Oats ‘N Aloe Unscented is a mild and hypoallergenic bar, perfect for the most sensitive of skin types. This bar comes highly recommended from sufferers of Eczema, Psoriasis, and Dermatitis.

When the crew at Vermont Soap Organics set out to make a soap that wouldn’t dry the most sensitive of skins, little did they know the journey would take them to the cutting edge of cosmetics chemistry, and hundreds of years into the past!

Vermont Soap – the first soap in 200 years truly fit for a king!